脱毛の基礎知識

レーザー脱毛は効果抜群!だけど高い!痛い!

レーザー脱毛は医療行為なので、医療機関でしか取り扱う事ができません。
脱毛効果は強力で、永久脱毛をする事ができます。

クリニックの脱毛方法の特徴

皮膚科や美容外科で主流の脱毛法はレーザー脱毛です。
ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーなど、いくつか種類がありますが、大きな差はありません。

レーザー脱毛について詳しく見ていきましょう。

  1. レーザー脱毛ってどんな脱毛方法なの?
  2. どのくらい痛いの?
  3. 料金はどのくらいするの?
  4. レーザー脱毛のデメリット

(1)レーザー脱毛ってどんな脱毛方法なの?

光脱毛と同じで、レーザーを肌に照射して毛根部分のメラニンに反応させます。
毛根部分には、毛を造り出す毛母細胞という組織がありますから、この毛母細胞を破壊することで毛が生えてこないようにする脱毛法です。

(2)どのくらい痛いの?

かなり痛いです。エステとは比べ物にならないくらい痛いです。
よく「輪ゴムでパチンとはじいた程度」と言われますが、とんでもない。
髪の毛の束をつかんで引っ張られたような痛さです。

麻酔クリームを塗ってくれるクリニックもあります。
無料で塗ってくれるところもあれば、有料のところもあります。

(3)料金はどのくらいするの?

気になる料金ですが、クリニックは全体的に高めです。
これにも理由があって、レーザー脱毛は医師しか取り扱うことができないため、医療従事者ではなく、医師が行わなければなりません。ですから料金が高くなってしまうのです。

今月のランキング上位3医院のひざ下脱毛を比べてみると、ずいぶん差が合って比べられませんが、脱毛サロンが3万円前後ですから、2倍以上の差があります。

  1回 5回
フェミークリニック 47,250円 189,000円
湘南美容外科 9,800円 54,800円
城本クリニック - 74,000円

(4)レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛は強力なため短期間で効果が出ますが、激痛に耐えなければなりません。
エステの半分ぐらいの回数で効果を実感できます。

強力な出力はデメリットと紙一重です。
痛みもそうですが、問題は「火傷」です。
毛根を焼き尽くすわけですから、肌が弱い方や施術者の技術によっては色素沈着を起こすほどの火傷をしてしまう場合があります

クリニックのホームページには「エステは火傷の危険性が・・・」と書いてあったりしますが、クリニックの方が危険性は高いです。クリニックを選ぶときはエステ以上に慎重に選ばなければなりません。

また、都会の美容外科なら土日も診療していたりしますが、皮膚科や田舎の美容外科は土日は休み、平日の診療時間も17時ぐらいまで、と時間的な通いづらさを感じます。
編集者が平日に行ったときは、やはり主婦の方々が多く、働く女性は少なかったです。

料金も高いですね。
半分の価格でエステで受けられるなら、やはりそっちのほうが魅力的に思えます。

全国主要都市のエリア検索
このページの先頭へ戻る